あなたが車を売却する時にできる最善の策をお教えします!

オープンカーの買取の特徴

オープンカーは、夏の時期などに
利用している方々も多いと思います。
とても開放的な車ですので、
レジャーに用いている方々なども多い事でしょう。
総じてスポーティーで、デザインが格好良い車が多いですね。
数ある車種の中でも、比較的注目度が高いと言われています。

 

ところでオープンカーの売却というのは、
実は車買取の業界の中ではちょっと特殊な存在です。
その理由なのですが、

 

まず買取が行われている件数自体がとても少ないからです。

 

他の車種に比べて、圧倒的に買取件数が少ないですね。
かなりニッチな車と言えるでしょう。
この車の場合は、お店同士の金額差がかなり大きいのが特徴です。

 

例えば、あるお店では全く値段が付かないオープンカーがあったとしましょう。
ところが別のお店で査定を依頼してみたところ、
100万円を超える査定金額が付いた事例があったそうなのです。

 

100万円もの差が付くのは、車買取の業界では極めて珍しいです。
高くても、せいぜい数十万円の差というケースの方が多いからです。
さすがに少し極端な事例ではありますが。

 

現実には、オープンカーは数十万円程度の
差が付くケースが多いそうです。
どちらにしても、かなり特殊な車である事だけは確実です。
金額差が多いとなると、
やはり一括査定が大事なポイントになると思います。
上記のように100万円もの差が付くのは、さすがに大きいですね。

 

複数の業者で比較をしてみて、最も高い金額を
提示してくれるところに売却するのが良いでしょう。

 

ちなみにオープンカーの専門店などもあります。
そのような業者の場合は意外と高い金額が付くケースもありますので、
一般の業者と合わせて専門店にも査定を依頼してみると良いでしょう。

最近では、一括査定サイトのクオリティーもだんだん高くなってきていると思います。中には、非常に優秀なシステムを採用しているサイトもありますね。
もしも私が車の売却を将来行うのであれば、恐らくほぼ確実に一括査定サイトを利用します。やはりそのサイトは、とても便利だと思うのです。国道沿いに車を走らせるよりも、明らかに効率良く査定金額を比較できるからです。各社の査定額を比較するのは、車買取の基本ですね。

 

では具体的にはどのような一括査定サイトを利用するかというと、カーチャンネルですね。あのサイトは、クオリティーがかなり高いと思うのです。
カーチャンネルのメリットの1つは、必要以上に多くの電話が来ない点です。そのサイトの場合はウェブ媒体を用いて査定金額が提示される事になりますので、電話連絡はほぼ発生しない訳ですね。もっとも自分に最適な業者を選んだ時には、電話連絡はあるのですが。

 

私はそのシステムは、とても画期的だと思います。従来のシステムの場合は、多くの業者からの電話連絡が発生していました。あまりにも電話の数が多いので、少々閉口してしまっている方もいらっしゃったようですね。

 

しかしカーチャンネルの場合は、そのような電話連絡は来ません。それを考慮すれば、私はやはりその一括査定サイトはとても魅力的だと考えます。
それとカーチャンネルの場合は、お祝い金も意外と軽視できないと思います。そもそも車の一括査定サイトが、お祝い金というシステムを採用していること自体珍しいと思うのです。とても画期的なシステムですね。

 

タントの買取、査定で損せず高く売り切る売却術

 

思うに最近では、本当に一括査定サイトのクオリティーが高まってきていると思います。電話連絡が発生しないようなサイトは、今後どんどん増加していくのではないでしょう。

続きを読む≫ 2015/01/02 18:54:02

大分県の大分米良インターチェンジから北東に進みますと、大きなゴルフ場があります。そのゴルフ場の北東側に、ある車買取の業者の店舗があります。そこは、オークショントレードという車買取業者の店舗ですね。

 

オークショントレードは、買取金額には大きな自信を持っているようです。他の買取業者とは異なるシステムを用いている関係上、金額を高く提示できるのだそうです。具体的にはどのような理由で高く提示できるかというと、主に2つあります。

 

まず海外です。オークショントレードでは、顧客から買い取った車を海外に輸出しているのだそうです。多少難がある車であっても、海外の場合は高く売却できることが多いそうなのです。

 

特にスポーツカーなどは、かなり高い金額が付くことが多いようですね。ですのでスポーツカーなどをお持ちの方は、オークショントレードに査定を依頼してみるのも良いと思います。

 

それと中間マージンのカットですね。オークショントレードでは、買い取った自動車をオークションに流していません。買い取った車は、自社にて販売しているそうです。オークションに流してしまうと中間マージンが発生してしまう事が多いですね。しかしオークショントレードの場合は自店で販売できるので、そのマージンが発生することもない訳です。それを買取金額に反映できるので、高額査定が付くケースも多いそうです。

 

現に以前にある方は、オークショントレードに対して車の査定を依頼したそうです。他社では数万円程度の金額しか付かなかったものの、オークショントレードでは十万円前後で買い取ってもらえたそうなのです。

 

このようにオークショントレードは、買取金額の高さにメリットがある訳ですね。もしも大分地域で車の売却をした場合、オークショントレードに依頼してみると良いのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2014/10/31 23:49:31

車の査定で重視されるポイントの1つは、オーナー数です。

 

例えばある方が、車Aを購入したとしましょう。そして誰にも所有権が渡らず、1人の方がその車Aのオーナーであり続けたとします。

 

また別の方が、車Bを購入したとします。その方の場合、オーナーが入れ替わっているとしましょう。最初の内はCさんがその車を利用していましたが、Dさんという方に譲渡したとします。

 

上記の2つの車AとBの場合、Aのようなタイプは買取金額が高めになってくるケースが多いのです。なぜならばAの車を用いた方は、1人だけですね。Bの車を用いた方はCさんとDさんという2人ですが、Aの場合は1人なのです。Aの車のオーナーは、1人だけだった訳です。

 

このような車は、ワンオーナーに該当します。ワンオーナーの車の場合は、Bのようなツーオーナーの車よりも査定金額が高めになってくる事が多いと言われています。1人だけが使っている訳ですから、買取店は「使用感が少ない」と判断するのかなと思います。2人が使っていると、ちょっと使用感が感じられるかもしれませんね。

 

しかし、例外もあります。例えば登録済み未使用車という車があります。中古車の一種なのですが、走行距離が非常に少ない車です。走行距離がほぼゼロに近いので、新車に限りなく近い中古車と言えるでしょう。

 

その登録済み未使用車を、Eさんだけがずっと使い続けたとしましょう。その場合も、ワンオーナーに近い車と見なされるのだそうです。ですので登録済み未使用車の場合も、査定金額が多少高めになってくる事が多いと言われています。ただし登録済み未使用車をEさんとFさんが使えば、査定金額はダウンする可能性があります。
ハリアー 買取

 

このように車を用いた方々の人数が何人だったのかは、査定金額に影響する訳ですね。

続きを読む≫ 2014/10/08 22:57:08

自動車に関する専門用語の1つに、スリップサインというものがあります。スリップサインとは、簡単に言うとタイヤのすり減りです。

 

自動車が長らく道路を走り続けていると、もちろんタイヤが徐々にすり減ってきますね。すり減ると、タイヤに刻まれている溝が浅くなってしまうのです。本来は新品のタイヤは、4ミリヤ5ミリ程度の深さの溝が刻まれています。ところが長く走り続けると、溝の深さは3ミリや2ミリなどと徐々に浅くなります。

 

そしてその溝には危険信号があり、1.6ミリ以下か否かがポイントです。もしも溝の深さが1.6ミリ以下になると、車がスリップする確率が著しく高まります。

 

車を止めるためには、もちろんブレーキを踏みますね。ところが溝の深さが浅くなっていると、ブレーキを踏んでもなかなか止まらないのです。場合によっては80メートル程度スリップをし続ける事があります。

 

そのような車の場合は、やはり査定金額は低くなります。逆に溝の深さが5ミリ以上あると、買取金額は高めになると言われているのですが。ですのでタイヤの溝の深さと買取金額には、相関関係があります。
クラウンマジェスタ 買取

 

となると、車の買取をしようとしている方としては「この車のタイヤを新品に交換してから査定を依頼するべきか」と思うかもしれません。

 

交換はしないほうが良いですね。確かに査定金額はダウンする確率が高いですが、そもそもタイヤを新調するとなると費用がかかります。査定金額のアップによってタイヤ代をカバーできれば良いですが、現実にはカバーできないケースの方が多いです。思えば車を修理する時には修理代がかかりますが、それを買取金額でカバーできるケースも少ないですね。

 

ですのでスリップサインは出ていても、そのまま車の査定を依頼するのが良いと思います。

続きを読む≫ 2014/10/08 18:54:08